絶対内定!就職活動を徹底解剖!

面接で良い印象を与えるポイント

いくら成績や職務経験が良くても面接で落とされる場合が多々あります。
新卒採用の場合も中途採用の場合も、面接というのは就職活動の中でも重要な要素を占めています。
では、どのようにして面接すれば採用担当者に良い印象を与えるのでしょう。

面接では第一印象がポイントです。
面接は採用担当者と話す内容がポイントではありません。
ノックして面接場所に入室した瞬間に採用担当者は判断していることを理解してください。
一瞬でその人がいいのか悪いのかを印象として持ちます。
だから、服装や身だしなみを十分気をつけてください。
仕事が出来て結果を残せれば身だしなみなんか関係ないと思うこともあると思いますが、採用担当者からしたらその人が仕事できるかどうかなんて、採用してからでないとわかりません。
その前の段階で判断できないのだから、服装や身だしなみで判断するのは至極当然のことだと思います。
しかしながら服装や身だしなみだけ良くて仕事ができないのは本末転倒です。
身だしなみは仕事の力があってこそのポイントですそれを忘れてはいけません。

第一印象をよくする身だしなみとして、スーツやYシャツは使いふるしのではなく新調して気分を一新して面接に望むことがいいとされています。
しかし決してオシャレ度をアップさせるのではなく清潔感をアップさせることを心がけましょう。
そして爽やかな笑顔や応対を心がけて採用担当者の印象を良くしましょう。
さらに、採用担当者の前だけではなく、会社に入る前から受付の人や控え室での態度も見られている場合がありますので、第一印象を意識して努力をして行きましょう。

国内初、電力自給ビル完成

記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017絶対内定!就職活動を徹底解剖!.All rights reserved.