絶対内定!就職活動を徹底解剖!

薬剤師を目指す就職活動

一転して、薬剤師のような資格が必要な職業に就職する場合は何に気をつければいいでしょうか。
薬剤師と言えば、調剤薬局やドラッグストア、病院などで働くイメージが多いですが、他にも製薬メーカーのMRや管理薬剤師、薬品卸や学校にも必要とされていますし、麻薬取締官や保健所職員といった仕事も可能です。
麻薬取締官や保健所職員は公務員となりますので、人気が高い職業でもあります。

では、薬剤師になるためにはどのような手順が必要なのでしょうか。
なんといっても薬学部を卒業しなければいけないという難関があります。
大学は薬学部があるところなら私立でも国立でもどちらでも大丈夫ですが、最終的にどこに就職をしたいかを考えて選ぶ人が多いようです。
私立大学の場合は、国家試験の対策を大学単位で行なっているところが多いですし、卒業試験は国家試験よりも難しかったりしますので、国家試験の合格率が高く、卒業できれば、薬剤師としてすぐ活躍できるでしょう。
逆に国立大学の場合は、どちらかと言うと研究に趣を置いている場合があるようですので、製薬会社に勤めて医薬品の研究をしたい人が行くのが向いているのではないでしょうか。
どちらにしても国家試験に受からないと薬剤師として就職もできませんので、まずは、大学に入って薬剤師の国家試験を目指すのが順当な道です。

就職活動をするタイミングはもちろん国家試験に受かってからですが、薬剤師という仕事は資格の必要な技術職ではありますが、同時にお店などで接客もしなければいけません。
また、お客様に薬をおすすめするのも仕事ですので、ミスは許されない非常にシビアな仕事です。

国内初、電力自給ビル完成

記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017絶対内定!就職活動を徹底解剖!.All rights reserved.