絶対内定!就職活動を徹底解剖!

中途採用の就職活動で気をつける事

中途採用の募集の場合ほとんどが経験者優遇です。
その経験者優遇の就職活動でライバルに差をつけて勝ち残るために気を付けなければいけないことはなんでしょうか。
中途採用は新卒採用と異なり、採用試験はあまりせずに、面接だけで決まる場合が多いです。
そして、中途採用は、仕事経験者を優遇することから面接で聞かれる内容も新卒とは異なります。
まずは職務経歴と志望動機をしっかりと聞かれますので、その点に注意して、面接採用者の立場として何を気にしているのかを理解しましょう。

まず、面接官は社会人として見てきます。
志望動機などから、その人が採用する会社の業界や仕事の内容をしっかり理解しているかの確認もしてきます。
また、自社の未来の進む道とその人の目指す方向が一緒かどうかも見ています。
そうやって応募者がどのくらい自社に愛着を持って面接を受けに来てくれているかを判断するのです。
そうしないと、中途採用して入社はしたものの応募者がギャップを感じて仕事を辞めてしまうかもしれないからです。
新卒採用と違って中途採用は即戦力を求めていますので、すぐに辞められては会社も困ります。
そうならないように、面接官もしっかりと見ています。

また、応募者の年齢によっても採用担当者の見るところが異なっています。
比較的若い方の応募者の場合は、異業種へチャレンジする方が多いため、異業種への転職でも生かせる仕事の強みと、足りない部分はどんどん貪欲に学んでいけるかどうかを見ています。
比較的年齢の高い方の応募の場合は、異業種と言うよりかは、今までの仕事をさらにキャリアップさせたい人が多いので、自分がこの会社にとってどれほどの必要性があるかなどをアピールすることが大切です。

国内初、電力自給ビル完成

記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017絶対内定!就職活動を徹底解剖!.All rights reserved.