絶対内定!就職活動を徹底解剖!

職務経歴書をより良く見せるためのポイント

中途採用で就職活動をする場合、職務経歴書の書き方によって印象や面接の内容が大きく変わることがあります。
採用担当者に興味を持って話が盛り上がる面接をしてできるだけ採用の確率を上げるために幾つかの作成ポイントに注意しましょう。
能力や経験や仕事のスキルを事前に判断できる職務経歴書は中途採用の面接にとっては最重視される事項です。
応募者が多い場合、履歴書と職務経歴書の内容だけで書類選考される場合がありますので、それに選ばれるためにも、ライバルと差をつけることのできる一段階上の職務経歴書を用意することが大切です。

ポイントの1つとしては、具体的な内容を書くということです。
単純にマネージャーをしたとか、支店長として従事したとかでは、面接して話を聞いて行かないと、あまり印象には残りません。
企業側として知りたいことは、マネージャーとして何をしてどう評価されたのか、支店長としてどんな仕事をしてどういう成績を残したのかなど具体的なことの記載が必要です。
まずどんな仕事をしてきてどんな結果を残してきたのかひとつひとつ書きだしてみましょう。
そうすれば、具体的な内容を書く準備ができます。
また、その具体的な評価や成績を数値として記載しましょう。
ただ、頑張って結果を出したではなく、支店長になって前年度売上120%を達成など数値化して結果を記載することで、客観的な評価ができ、採用担当者の目に留まる事になるでしょう。

他にも、採用担当者の立場にたって考える必要があります。
「自分はすごい」「こんなに成績がいい」だけではなく、企業にとって自分を採用することにどれだけのメリットがあるのかどうかをアピールしていくことが大切です。

国内初、電力自給ビル完成

人気の就職。こちらのホームページが便利です!

記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017絶対内定!就職活動を徹底解剖!.All rights reserved.